2020年 12月 1日 (火)

ほめてるつもりが相手がブチ切れ… 知らないとヤバい「社会人の言葉使い」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   今年(2013年)の新入社員のタイプは「ロボット掃除機型」だそうだ。効率的に動き回るが、段差(プレッシャー)に弱いのが難点とか。アベノミクスで浮き立つなか、スタートを切ったが、まず習得しなければならないのは社会人としての身の処し方、言葉使いだ。キミは大丈夫か――。

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(http//:books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中

「230億円の借金」解消、優良企業へ

『「メシが食える力」をつけなさい!』
『「メシが食える力」をつけなさい!』
『「メシが食える力」をつけなさい!』

   「メシが食える力」とは、自分で自分を養える力のことだ。それを身につけてこそ一人前の大人といえる。だが、口でいうほど簡単ではない。サンマーク出版の『「メシが食える力」をつけなさい!』(著・木村勝男、1470円)は、どんな窮地に陥っても立ち上がることができる大人になるための生き方、考え方を38項目にまとめた。

   著者は中学の時に父親をなくし、長男として一家を養っていくために19歳で起業。その後も様々な会社を設立したが、バブル崩壊で230億円という巨額の負債を抱えた。だが、15年の年月をかけて解消、そこから再び会社を起こし優良会社に育て上げた。「まずはパスポートをとりなさい」「石の上に3年いても、石が温まらなかったらやめればいい」「数字入りの大ボラを吹け」。成功と失敗から学んだ教訓が詰まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!