高級笹かまぼこ究極の食べ方 本場流はしょうゆもつけない

印刷

   東京・池袋にある宮城県のアンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」で、陳列棚にずらりと並んでいるのが、仙台などの名物として有名な笹かまぼこだ。

宮城は全国一の「かまぼこ県」

売れ筋商品の常連「極上笹かまぼこ」
売れ筋商品の常連「極上笹かまぼこ」

   笹の形をした笹かまは、宮城県生まれ。いまやお土産品などとして全国的に知られる一方、現地の人にも好まれていて、宮城はかまぼこ生産量、消費量ともに日本一のかまぼこ県なのだそうだ。

   宮城プラザでは、そんな笹かまを多数取りそろえていて、多くは1枚ずつばら売りで買える。お値段は高級品でも1枚数百円ほど。選り取りみどりなので、筆者のような練り物好きにはたまらない。そこで今回は主だったものを7種類ほど買って、食べくらべてみた。

   すると、思ったよりも、それぞれ個性があった。木の葉のように小さなものも、大葉のようなものもあり、厚みも異なる。外側の焼き色、縮み具合、歯ごたえ、甘みの付け方、そんなところに違いがある。高級品は、一般に素材の魚に高級魚を使っていて、大ぶりで食べでがあるようだ。

石巻の「極上」は独特の食感

   味についてはそれぞれ好みの部分も大きいだろうが、今回印象深かったのは、石巻の白謙蒲鉾店の「極上笹かまぼこ」。お店での人気も非常に高く、店舗全体の売れ筋商品トップの常連ということだ。

   この笹かまは、甘めの味付けで、ふっくらもっちりとした独特の食感があり、笹かまでありながら、また別の新しい世界をも感じさせてくれる味なのだ。

    食べ方は、いたってシンプル。しょうゆもいらない。そのまま丸かじりで行くのが本場流だそうだ。


商品名:極上笹かまぼこ
製造:石巻 白謙蒲鉾店
サイズ:1枚65グラム
価格:178円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中