2018年 5月 23日 (水)

新型「ゴルフ」の日本導入記念モデル 2000台限定「デア・エアステ」

印刷

   フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年4月13日、7世代目となる新型「ゴルフ」の日本導入を記念した限定モデル「ゴルフ デア・エアステ」の先行受注を始める。

2モデルを用意

ゴルフ「TSI ハイライン」デア・エアステ
ゴルフ「TSI ハイライン」デア・エアステ

   「ゴルフ デア・エアステ」はフォルクスワーゲンの国内正規輸入60周年記念の限定モデル第1弾でもある。「TSIコンフォートライン」と「TSI ハイライン」の2モデルが設定された。

   750台限定の「TSI コンフォートライン」(279万円)には、1.2 リッターのTSI エンジンと7 速DSG(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせた。安全装備としてマルチコリジョンブレーキを取り入れたほか、ミリ波レーダーによるプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシストプラス」や、アダプティブクルーズコントロール「ACC」、レーンキープアシストシステム「レーンアシスト」などを標準搭載する。

   また1250台限定の「TSI ハイライン」(305万円)の1.4リッターTSIエンジンには、気筒休止システムを取り入れた。トランスミッションは同じく7速DSG。「TSI コンフォートライン」の装備に加え、外観ではLEDポジションランプ付きバイキセノンヘッドライトや専用デザインの17 インチアルミホイールを用意。インテリアにはアルカンターラ&ファブリックのスポーツシートや、ドライビングプロファイル機能を備えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中