2020年 9月 24日 (木)

朝食「抜き」派VS「しっかり」派 「健康」へ続く道はどっちだ

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   朝ごはんを食べたり食べなかったりする人は、毎日食べる人よりメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)のリスクが高いという調査結果がこのほど明らかになった。朝からしっかり食べる人もいれば、仕事の都合やダイエットのために朝食抜きの人も少なくない。朝ごはんと健康の関係はどうなのか。諸説あるようだ。

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

「早寝早起き朝ごはん」の応援歌

『科学が証明する新・朝食のすすめ』
『科学が証明する新・朝食のすすめ』

『科学が証明する新・朝食のすすめ』

   「子どもの元気は朝食から。『早寝早起き朝ごはん』を応援します」が本書のキャッチフレーズだ。昔から、早起きは三文の徳ともいう。「早寝早起き朝ごはん」は寝坊する子どもに向かって世のお母さんたちがいつも言っている言葉だろう。食生活に関して様々な提言をしている女子栄養大学出版部からの『科学が証明する新・朝食のすすめ』(著・香川靖雄、1680円)は、このことを国内外の最新の研究成果によって実証した1冊だ。

   「若者の生活はこんなに乱れている」から始まって、「朝食をとると成績が上がる」ことを検証し、朝食が体内リズムを助け、生活習慣病を防いでくれると説く。しかし、わかっていてもなかなか実行できないのが人の常。この本を読んで朝ごはんの効用を認識し、明日から実践に移せば三文以上の徳が期待できそうだ。

朝食は「食べる派」ですか?
食べる派
朝食抜き派
食べたり食べなかったり
「朝まで仕事」なので…
その他
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!