お菓子でできた「厳島神社」 「ひろしま菓子博2013」で展示

印刷

   第26回全国菓子大博覧会・広島 実行委員会は2013年4月19日から、「ひろしま菓子博2013」を旧広島市民球場跡地、広島県立総合体育館とその周辺で開催する。

「もみじまんじゅう」の製造工程見学も

「ひろしま菓子博2013」ホームページ
「ひろしま菓子博2013」ホームページ

   92年ぶりに広島で開催される「全国菓子大博覧会」。会場では全国のお菓子を集め、展示・販売を行う。また、菓匠(和菓子の職人)やパティシエが伝統の技を駆使して制作した「工芸菓子」も多数展示される。

   目玉となるのは、その工芸菓子で作る「シンボル展示」だ。今大会では、世界文化遺産である「厳島神社」を制作。建物や海は和菓子で、清盛まつりなどの行事の様子や管絃船は洋菓子でできており、間口10メートル、奥行き9メートルと、実物の15分の1のスケールとなっている。

   このほか、おなじみの菓子メーカーが参加型イベントなどを行う「夢のお菓子ランド」や、もみじまんじゅうの機械による製造工程と昔ながらの手焼きの実演が見学できる「お菓子の工場」など、さまざまなパビリオンも設置された。

   5月12日まで。当日券は、大人2000円、シニア(65歳以上)1600円、高校生1400円、小・中学生800円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中