2021年 5月 15日 (土)

【書評ウォッチ】プロ棋士がコンピューターに敗北 人間の仕事はなくなるのか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

賃金を抑え、格差を広げる

   著者によると、機械の進歩で人間の仕事が「爆発的なスピードで」機械に置き換えられる。すると、機械を使いこなす高度な労働力は珍重され、機械でもできる単純労働は賃金が下がる。機械を持つ資本家と機械に押しまくられる労働者の格差は広がるばかり。

   コンピューターはとくに中間管理職の仕事を奪うと、著者は警鐘を鳴らす。では、どうすればいいか。対策は?

   機械は定期的な処理や反復作業には強いが、直感力や創造性は備わっていない。これを人間が活かして機械との共存をという。そうすると、やがて、今はない新しい仕事が生まれると著者は予想している。「警告」は的確な分析、「対策」にはやや不確定な部分がある。それでも、そうでもしなければ、機械にやられっぱなしになりそうな状態であることは、どうやら間違いない。「対策」をしっかり立てないと、また資本家だけがもうけるぞ。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!