「ほおずりしたくなる」iPhoneケース!?  代々木公園の「芝生」再現

印刷

   エージーリミテッド(東京・港区)は2013年4月末、芝生の質感と手触りを再現したiPhone5用ケース「Shibaful(シバフル)」を、「AppBank Store」「UNiCASE」店舗で先行発売。価格は、3980円。

パイルを「植毛」

「Shibaful iPhone Case ~Yoyogi Park~」
「Shibaful iPhone Case ~Yoyogi Park~」

   東京・代々木公園をイメージした「芝生」ケースで、「静電植毛技術」により、ケースに直接パイルを植毛している。「芝生」は毛の長さや、色のブレンドにまで徹底的にこだわり、パイルを垂直に立たせた状態でケース側面やエッジの部分にまで。繊細で美しい日本芝の質感と手触りを再現した。

   また、その感触が損なわれない程度にトップコート処理を施し、パイルの抜けを最小限に抑えた。独自開発したふさふさのパイルは、「思わずほおずりしたくなるほど」という。

   先行販売は100個限定。後日、直販サイト「Casey Store」でも展開を予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中