バブルが、バブルが名古屋に! 「体感型シアター」登場

印刷

   コロナが運営する中川コロナワールド(名古屋市)は2013年4月26日、風や水、においなどが出る体感型シアター「4DX」を導入した。鑑賞料金は、2D作品が基本料金+1000円、3D作品が基本料金+1300円。

風、水、におい、シャボン玉・・・

映画の中にいるようなリアル体験
映画の中にいるようなリアル体験

   映画館の座席が作品中のアクションシーンなどとリンクし、前後・上下左右に反応する「モーション席」となっている。背中やお尻の部分に衝撃を与えるモーションもある。

   また座席や館内に搭載された各種設備からの、ファンによる「風の効果」や、ミストによる「水の効果」、何種類もの「香りの効果」のほか、天井から一斉に降り注いでくるシャボン玉による「バブルの効果」など、各種演出も体感できる。

   「4DX」導入の最初の作品は、映画「アイアンマン3」。「4DX専用の短縮作品」ではなく、通常の映画作品を4D化し、新作と同時期に公開する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中