2018年 7月 18日 (水)

世界から未来のエースが駒沢に集うサッカー大会 ナオト・インティライミのライブも

印刷

   「2013東京国際ユース(U-14)サッカー大会」が2013年5月2日から5日まで、駒沢オリンピック公園総合運動場(東京・世田谷区)で開かれる。スポーツを通じた国際交流を行うため、世界の大都市からジュニアのサッカーチームを招いて東京都などが行う大会だ。

世界13都市から16チーム

ブラジル、アルゼンチンからも参加
ブラジル、アルゼンチンからも参加

   大会にはサントスFC(ブラジル・サンパウロ)や、ボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン・ブエノスアイレス)など、13都市16チームが集まる。日本からもFC東京深川、東京ヴェルディなど東京の4チームに加え、岩手・宮城・福島・茨城のチームが出場する。

   また試合以外にも、4日はお笑いコンビ「響」のライブ、5日の決勝戦終了後にはナオト・インティライミさんのミニライブが行われる。ナオトさんは、かつて柏レイソルのジュニアユースチームに所属していて、13年の大会応援ソング「Brave」を担当している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中