2018年 7月 22日 (日)

「タフネス機能」でアウトドアに強い 富士フイルム「FinePix XP200」

印刷

   富士フイルムは2013年4月27日、デジタルカメラ「FinePix XP200」を発売した。価格はオープンだが、直販価格は2万9800円。

「低反射高輝度モニター」搭載

「FinePix XP200」(ブルー)
「FinePix XP200」(ブルー)

   「水深15メートルまでの防水」「高さ2メートルから落としても耐えうる耐衝撃構造」「-10度までの耐寒」「砂やほこりの侵入を防ぐ防塵」という4つのタフネス機能を備える。

   また、1/2.3型1640万画素CMOSセンサーにより、最速10コマ/秒の連写を実現。連写モードへの切り替えボタンを独立配置した。液晶モニターには、92万ドットの低反射高輝度モニターを取り入れた。毎秒60フレームのフルハイビジョン動画を撮影できる。

   撮影画像を、スマートフォンやタブレット端末に無線LAN通信で送信できる「スマートフォン送信」機能も搭載した。最大30枚の画像をカメラ内で選択し、一括送信できる。Wi-Fiルータに繋がったパソコンを起動し、カメラで「PC保存」を選択すれば、カメラ内のデータをパソコンにバックアップできる。動画の転送にも対応した。

   カラーは、ブルー、イエロー、ブラックの3種類。サイズは幅116.1×高さ71.4×奥行き30.3ミリ、重量は約232グラム。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中