2560×1440ドットの「ウルトラブック」 東芝「ダイナブック キラ V832」

印刷

   東芝は2013年4月24日、タッチパネル付きWQHD液晶を搭載したUltrabook(ウルトラブック)「dynabook KIRA(ダイナブック キラ)V832」を発売した。価格はオープンだが、直販価格はoffice搭載モデルで18万9800円(非搭載は17万2800円)。

「約9.5時間」のバッテリー駆動

斜めからでも見やすい
斜めからでも見やすい

   約370万画素(2560×1440ドット)の13.3型WQHD液晶を備えたノートパソコン。高いコントラスト比で濃淡を鮮やかに再現するほか、斜め方向からでも見やすいのが特長だ。液晶にはタッチパネルを取り入れ、指紋がふき取りやすい耐指紋コーティングや、タッチした際の振動を低減させるヒンジの調節を行なった。バッテリー駆動時間は約9.5時間。

   音質面では、ハーマン・インターナショナルと共同開発した「harman/kardonステレオスピーカー」を左右底面に装備した。音の反響を考慮したチューニングが施されている。

   筺体にはマグネシウム合金を使っただけでなく、ハチの巣状のリブを立てる「ハニカムリブ構造」により、ねじれに強くした。キーボードにはそれぞれのキーに約0.2ミリのくぼみを設け、バックライトも備えた。

   サイズは幅316.0×奥行き207.0×高さ9.5~19.8ミリ、重量は約1.35キロ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中