ツインエアとMTが合体 フィアット「500S」

印刷

   フィアット クライスラー ジャパンは2013年4月25日、2気筒エンジン「ツインエアエンジン」にマニュアルトランスミッションを組み合わせた「500S」(チンクエチェント エス)を発売する。全国メーカー希望小売価格は、225万円。

ブラック基調のスポーツシート

「500S」(グルーヴメタルグレー)
「500S」(グルーヴメタルグレー)

   0.9リッター直列2気筒ターボマルチエアエンジンと5速マニュアルトランスミッションが組み合わさった「500S」が、500のラインアップに加わる。

   エクステリアにリアルーフスポイラーや専用フロント/リアバンパー、リアルーフスポイラー、専用デザインの15インチアロイホイールを備える。インテリアでは、ブラック基調のスポーツシートやスポーツステアリングなどを取り入れた。燃費は、26.6キロ毎リットル(JC08モード)。

   ボディーカラーは、ボサノバホワイトとパソドブレレッド、グルーヴメタルグレー、フットルースブルーの4種類。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中