2021年 6月 21日 (月)

ママの味「ままどおる」は一番人気 「八重の桜」グッズも続け

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京駅の八重洲口を出て、外堀通りを有楽町方面に歩いて行くと、福島県のアンテナショップ「福島県八重洲観光交流館」がある。

   久しぶりに訪れてみたら、お店の看板が変わっていた。今年のNHK大河ドラマで、福島県出身の新島八重が主人公の「八重の桜」が放映されているのを受けて、「八重のふるさと福島県」とうたった桜色の看板を掲げているのだった。

東京都内では2か所でしか買えない

長年親しまれてきた味
長年親しまれてきた味

   そう広くない店内では、福島県の郷土の味、赤べこなどの工芸品、観光情報などを提供しているのだが、ここにも変化があった。「八重の桜」タイアップ商品や、八重をキャラクター化した「八重たん」のグッズまで売っているのだ。

   一応、手に取ってみるが、手を伸ばしたくなるほどのものは見当たらなかった。売り場の雰囲気も、少々さびしい感じとなっている。東京の街の桜はとうに散ってしまったが、「八重の桜」とその商品の咲き具合も少々気がかりだ。

   そこで「いつも」の定番の品々に目を向けてみる。喜多方ラーメン、ゆべし、まんじゅう、そしてなんと言っても見逃せないのが、「ままどおる」(製造:三万石、5個入り420円)である。福島・郡山の銘菓、おみやげ品として40年以上親しまれているお菓子で、東京で買えるのは、ここと江戸川区葛西の「ふくしま市場」だけ。店員さんが「もう一番人気です」と太鼓判を押す一品だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!