2018年 7月 23日 (月)

「560馬力」モデルも登場 ポルシェ新型「911ターボ」

印刷

   ポルシェ ジャパンは2013年5月14日、新型「911ターボ」「911ターボS」の予約受け付けを始める。車両本体価格は、「911ターボ」が2030万円、「911ターボS」が2446万円。

新設計「軽量シャシー」採用

「911ターボS」
「911ターボS」

   100ミリ延長されたホイールベースと20インチの大径ホイールが特長の新設計軽量シャシーを取り入れた。リアボディーパネルは911カレラ4モデルよりも28ミリ、ワイドになっている。ロール抑制システム「ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム(PDCC)」が設定されているほか、「911ターボS」には、スポーツクロノパッケージとダイナミックエンジンマウント、ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)が標準装備される。

   また、電子制御のマルチプレートクラッチを備える4WDシステム「ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)」を搭載。ダイレクト・フューエル・インジェクションを採用した3.8リッター水平対向6気筒ターボエンジンは、「911ターボ」では520馬力、「911ターボS」では560馬力の最高出力を発生する。トランスミッションは、7速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中