ボディー「63%」に小型化 望遠時にも強いサイバーショット「DSC-HX50V」

印刷

   ソニーは2013年5月17日、光学30倍ズームを搭載したコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット DSC-HX50V」を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は4万3000円前後とみられる。

望遠時AF速度、従来機の2.3倍

サイバーショット「DSC-HX50V」(シルバー)
サイバーショット「DSC-HX50V」(シルバー)

   従来の光学30倍ズーム搭載機「DSC-HX200V」比で約63%小型化したボディーに、光学30倍ズームの「Gレンズ」と、有効約2040万画素の裏面照射型「Exmor R」CMOSセンサーを搭載する。

   望遠時の補正効果を従来機比約2倍に高めた光学式手ブレ補正機能を備えるほか、望遠時のAF(オートフォーカス)速度は従来機比約2.3倍に高速化した。これにより、望遠撮影時でも素早くピントをあわせ、ブレを抑えた撮影が可能になる。

   また、電子ビューファインダーやステレオマイク、大光量のフラッシュなど、別売りのシステムアクセサリーを装着できる「マルチインターフェースシュー」を持つ。露出補正ダイヤルなど、マニュアル撮影機能も充実させた。スマートフォンやタブレットとの連携可能なWi-Fi機能や、旅行時の位置情報の軌跡を残せるGPSログ機能が利用できる。

   カラーは、ブラックとシルバーの2種類。サイズは幅108.1×高さ64.3×奥行き38.3ミリ、重量は約272グラム。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中