桃山時代の金・銀屏風をイメージ 複合筆記具新ブランド「優美いろは」第1弾

印刷

   セーラー万年筆は2013年5月15日、新たに立ち上げた複合筆記具ブランド「優美いろは」の第1弾として、「優美いろは 琳派」を発売する。

鮮やかな色使いの草花も

左から「夏秋草」「桜」「燕子花」「四季百花」
左から「夏秋草」「桜」「燕子花」「四季百花」

   「優美いろは」は赤と黒の2色ボールペンとシャープペンシルを一つにまとめた複合筆記具だ。ボディの上半分をクルクル回すことにより、ペン先が入れ替わる。

   「優美いろは 琳派」では、桃山時代後期から勃興した芸術様式「琳派」を再現。当時流行っていた金屏風・銀屏風を意識したデザインとなっており、深い金と銀の色合いに、鮮やかな色使いの草花が映えている。

   デザインは全4種で、価格はいずれも3150円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中