2021年 6月 17日 (木)

「駅弁の聖地」でナンバーワン 「牛たん弁当」いつもホカホカがうれしい

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京駅の駅ナカ(JR改札内)で、毎日「駅弁祭」を開催している「駅弁屋 祭」。全国各地の名物駅弁など常時100種類以上の駅弁を常時販売している「駅弁の聖地」とも言うべきこの店をひさしぶりに訪れてみると、お昼時はとうに過ぎた平日午後だというのに、相変わらずのにぎわいだった。

紐を引けば、あら不思議

6分待てば、あったか牛タン弁当ができあがり
6分待てば、あったか牛タン弁当ができあがり

   この繁盛ぶりは、駅弁の種類の多さに客が選ぶのに迷っているせいもあるだろう。では、このよりどりみどりのなかで、お客さんはどんな駅弁を手にとって、買っていくのだろうか。売り場の店員さんに聞いてみると、「難しいですね」と苦笑しながらも、「お肉系だと、『牛肉どまん中』や『牛たん弁当』がよく出てますね」と教えてくれた。

   店内のPOPには、「極撰 炭火焼き牛たん弁当」(製造:株式会社こばやし、1300円)が「人気NO.1」とあるので、さっそくこれを食べてみることに。

   さて、この「牛たん弁当」の一番の特徴は、加熱式容器であることだ。二重底の器に加熱ユニットが入っていて、紐を引けば、あら不思議なケミストリーによって弁当が温まるという奴である。この「温かい」という点は、肉系の人気を二分するという「米沢名物 牛丼弁当 牛肉どまん中」とは対極なのがおもしろい。「どまん中」は、牛そぼろと牛肉煮が載った牛丼風の「冷めた」お弁当である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!