シリーズ初の「ハイブリッドモデル」登場 ベンツ新型「Eクラス」

印刷

   メルセデス・ベンツ日本は2013年5月14日、中核モデルとなる新型「Eクラス」のセダンとステーションワゴンを発売した。メーカー希望小売価格は、595万(E250)~1817万円(E63 AMG S 4MATIC ステーションワゴン)。

2000か所以上を変更

http://www.mercedes-benz.co.jp/
http://www.mercedes-benz.co.jp/

   今回の新型Eクラスでは内外装のデザインだけでなく、パワートレインや安全装備など計2000か所以上に及ぶ変更を行った。

   「E 250」に搭載される2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンは、成層燃焼リーンバーンとターボチャージャー、排ガス再循環装置(EGR)の組み合わせを実現し、燃費は従来モデルに比べ約23%向上している。

   「E 350 BlueTEC アバンギャルド」は、新型の3.0リッターV型6気筒BlueTECエンジンを搭載し、大幅にパフォーマンスが向上したほか、Eクラスとして初のハイブリッドモデル「E 400 HYBRID アバンギャルド」をラインアップ。最新世代3.5リッターV型6気筒BlueDIRECTエンジンと高性能電気モーターを組み合わせ、最高出力306馬力、最大トルク370ニュートンメートルを発揮する。

   また、3.6秒の0-100キロ毎時加速を誇る「E 63 AMG S 4MATIC」など、AMGモデルの拡充も図った。「E250」を除く全車に、安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中