2020年 11月 28日 (土)

憲法改正、賛否で熱くなる前に 押さえておきたい「論点整理」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   安倍首相はなぜ、憲法改正にこだわるのか。護憲派の人たちは戦争への道を開くことになるというが、本当にそうなのか。参院選を前に憲法改正をめぐる様々な論議が起きている。国のあり方を決める憲法について、1人ひとりが意見を持つことが重要になってきた。憲法を知り、改正の是非を考える上で参考にしたい3冊を紹介する。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

「芦部憲法」知ってますか?

『憲法 第五版』
『憲法 第五版』

『憲法 第五版』

   日本を代表する憲法学者によって書かれた憲法の教科書の定番である。岩波書店の『憲法 第五版』(著・芦部信喜、補訂・高橋和之、3255円)は、1993年の刊行以来「芦部憲法」と親しまれ、学生や研究者から実務家まで多くの人に読み継がれてきた。著者は1999年に死去したが、最高裁が出した違憲判決などを織り込み1昨年(2011年)、4年ぶりに改訂された。

   今年(2013年)3月の参院予算員会で民主党議員が安倍晋三首相に、著者の名を上げて知っているかと聞いたことが話題になった。法学部出身で憲法改正に意欲を見せる首相は当然承知していると思われたが、答弁は「私は存じておりません」だった。これには支持者たちからも落胆や失望の声があがった。改正前に是非一度、目を通してほしい1冊だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!