2018年 6月 19日 (火)

「全長65ミリ」史上最小ヘリがテイクオフ 赤外線で操る「NANO-FALCON」

印刷

   バンダイの子会社シー・シー・ピーは2013年6月8日、世界最小の赤外線コントロールヘリコプター「NANO-FALCON(ナノファルコン)」を発売する。3月にギネスの世界記録を取得した折り紙つきだ。

連続飛行時間は5分

指に乗るサイズ
指に乗るサイズ

   機体は、全長65ミリで重さ11グラム。スマートフォンなどの小型精密機械の部品を流用することで、一つ一つの部品を小型化し、机の上でも遊べる手軽さを実現した。

   また、高性能ジャイロセンサーと二重反転機構を搭載しており、小さくても飛行の安定感は「抜群」。柔軟性のある素材を使っているので、壊れにくい。

   連続飛行時間は5分。価格は4704円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中