2020年 9月 22日 (火)

将棋で「脳」鍛えビジネスに勝利する 人間力でコンピュータを跳ね返せ

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

2人の天才が語る「真似する勇気持て」

『勉強の仕方』
『勉強の仕方』

『勉強の仕方』

   いまのようなゲーム機がなかった頃、子どもたちは「頭がよくなる」といわれて将棋の駒を並べて遊んだ。将棋の強い子どもは頭がいいと一目置かれたものだ。祥伝社黄金文庫の『勉強の仕方』(著・米長邦雄、羽生善治、Kindle価格400円)は、将棋の頂点を極めた2人の天才によって書かれた勉強法である。われら凡才にどこまで役立つかどうか心配もあったが、「まず、真似をする勇気を持て」と呼びかける。

   ベストの勉強法は常に変化するといい、20歳には20歳の、40歳には40歳の勉強法があると説く。伸びる人間と伸びない人間のどこに差があるのか。過去を忘れるかどうかがポイントだという。著者2人には30歳近い年齢差があるが、知的向上心を刺激する清々しい対話が展開されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!