「昭和」気分でラブレター 生産中止万年筆をリメイク

印刷

   プラチナ万年筆は2013年6月1日、生産を中止していた万年筆から2種類をリメイクして販売する。マーブルエボナイト万年筆とブライヤーサンドブラスト万年筆で、ともに「昭和」の懐かしさを感じさせる一品だ。

漂う「レトロ感」

マーブルエボナイト万年筆
マーブルエボナイト万年筆

   天然ゴムを原料とするエボナイトは、熱を伝えにくい性質と重量感から、プラスチック普及以前は万年筆の素材としてお馴染みだった。今回は、ゴム生地にベンガラなどを入れてマーブル模様に仕上げ、「レトロ感」を演出している。

   ブライヤーは、パイプの材料にも使われる木材。木目がはっきりする「サンドブラスト加工」を施し、さらに漆で仕上げてあるので、木目の美しさが際立つ。

   価格はいずれも5万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中