元ドジャース日本担当スカウトが提言 これからの「正しい」野球選手育成法とは

印刷

   米ドジャース元スカウトが野球界の選手育成システムに警鐘を鳴らす――野球を通じて子どもらの未来を育むサポートを行うNPO法人「BBフューチャー」(大阪・堺市)は2013年6月24日、フォーラムディスカッション「日本の育成システム~これからの育成のあり方~」を開く。

東京・代々木でフォーラムディスカッション

   元ロサンゼルスドジャースの日本担当スカウトで、「BBフューチャー」スーパーバイザーを務める小島圭市氏が登場。日本の伝統的な選手指導法の問題点を指摘しながら、「これからの正しい育成法」について提言するトークセッションをサッカー解説者・宮澤ミシェル氏を交えて行う。「甲子園」という幻想化された大義名分のもと、早朝から深夜にかけての長時間練習や体罰などが、「当たり前のように行われている現状」も報告されるという。

   会場は東京・代々木のYAMANOホール。19時から。事前の申し込みが必要で、定員は先着800人。参加費は3000円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中