2018年 7月 17日 (火)

「EV・ハイブリッド・エンジン」3モード自動切り替え 新型「アコード ハイブリッド」

印刷

   ホンダは2013年6月21日、独自のハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド i-MMD」を搭載した、新型「アコード ハイブリッド」を発売した。メーカー希望小売価格は「LX」が365万円、「EX」が390万円。

ボディーの前後絞り込み、空力性能を向上

アコード ハイブリッドEX
アコード ハイブリッドEX

   発進と低中速域のクルーズは主にモーターのみで走行し、加速時などはエンジンで発電しモーターで走行、高速クルーズは主にエンジンで走行するなど、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つのモードを自動的に切り替えて走行する。これにより30.0キロ/L(JC08モード)という燃費を実現した。

    エクステリアデザインは、ボディーサイドに流れる風を整えるためにボディーの前後を絞り込むなどし、燃費に直結する空力性能を向上させた。またインテリアデザインでは、V字レイアウトの座席配置とすることにより、リア席からも爽快感ある視界を確保した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中