スバル初のハイブリッド 3グレードで登場

印刷

   富士重工業は2013年6月24日、スバル初のハイブリッドシステムを搭載した「XV ハイブリッド」を発売した。メーカー希望小売価格は249万9000円~278万2500円。

専用のエネルギーフロー画面も

スバル XV ハイブリッド 2.0i-L EyeSight
スバル XV ハイブリッド 2.0i-L EyeSight

   モーターをエンジン出力のアシストとして効果的に用いることで、加速感のある走りと、JC08モード燃費値で20.0キロ/Lの燃費性能を両立した。独自のシンメトリカルAWDレイアウトを採用し、搭載するモーターや高電圧バッテリーなどの配置を見直した。

   グレードは「2.0i」「2.0i-L」「2.0i-L EyeSight」の3つを用意し、「2.0i-L EyeSight」には、ハイブリッド専用機能の「ECOクルーズコントロール」を新開発。全車速追従機能付きクルーズコントロール作動時に、EV走行を最大限活用することで、実用燃費の向上を図った。

   荷室は、フラットで使いやすい荷室スペースを実現し、ベース車と同じ容量を確保した。また、ハイブリッド専用のエネルギーフロー画面をマルチファンクションディスプレイに追加し、ハイブリッドシステムの動作が一目でわかるようになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中