「深い透明感」の万年筆 富士五湖シリーズ第3弾

印刷

   プラチナ万年筆(東京・台東区)は2013年7月1日、富士五湖シリーズ限定万年筆「#3776西(sai)」を世界限定3000本で発売する。富士五湖シリーズとして毎年限定モデルを発売しており、「本栖」、「精進」に続く第3弾となる。価格は1万8000円(税抜き)

さらっと書き出せる「スリップシール機能」

専用パッケージに入っている
専用パッケージに入っている

   富士五湖の中央、樹海と山に囲まれた西湖の深い透明感をボディーに表現した。シンプルさを追及し、リング装飾をすべて外した。顔料インク推奨万年筆(ピグメントブルーカートリッジ付き)となっているが、染料インクでも顔料インクでも独自機能「スリップシール機能」により、キャップをしたまま2年間放置してもさらっと書き出すことができるという。

   「Written Using Platinum Pigment Ink (プラチナ顔料インクで書かれています)」と書かれたスタンプ付き。フラットデザインを取り入れることで軽量化し、最大径も細くなり、日常使いでの軽快な筆記が楽しめる。

   またペン先は、細、中細、中、太の4 種類から選べる。シリアルナンバー彫刻が施されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中