元カノ写真発見!でも天国と地獄の差 アラサーギャルと現代っ子こんなに違う

印刷

   先日、友人があることで彼氏と大喧嘩になったと言います。

   話を聞いてみると、どうやら彼氏の携帯に元カノとの思い出写真が未だに残っているのを発見したのだとか…。

   別れてから1年以上が経過していることもあり、友人の怒りは治まるはことなく、元カノ抗争が勃発!

「元カノ写真で破局」のケースも

OKですよ、別に
OKですよ、別に

   また、これ以外にも私のアラサーギャルの周辺を調査してみると、元カノとの思い出写真がキッカケとなり終焉したケースも多いようで、過去は過去でも元カノ事情はかなりシビアな問題だと受け止められていることが分かりました。

   では、現代ギャルは今彼の携帯に元カノの写真が残っていた場合、どういった心境に陥ったり、行動を取ったりするのでしょうか。

   早速GRPでアンケート調査をしてみると…。

■気にならない…47.6%
■消すように頼む…38.4%
■勝手に消す…14.0%

といった結果となり、複雑な心境に至るかと思いきや、全体の半数近くのギャル達は今彼の元カノ事情に興味を持たないということが分かりました。

   では、興味を持たない理由とは何なのでしょうか。

   引き続き調査をしてみると、このようなギャル心理を聞くことが出来ました。

「ぶっちゃけ過去はどうでもいい」

『その人の歴史だって思うから気にしない~!今、付き合っているのは自分だしね!』
『ぶっちゃけ過去はどうでもいい。終わったことだし、今どき写真ぐらい残してるっしょ』
『昔の良い思い出として取ってあるんだって思うぐらいでご自由にって感じ!』

といったような意見を聞くことが出来、ギャルにとって彼氏が携帯に残している元カノ写真は「過去の歴史」や「一昔前の思い出」として寛大に受け止められていることが分かりました。

   その他にも、

『写メなら余裕でOK!』
『大切な思い出だと思うから、消す必要はないよ~!』

など驚くことに彼氏の背中を後押しするかのような声も聞くことが出来ました。

   こうした意見が出る理由は、これまでに何度もお伝えしていますが、携帯でのコミュニケーションが活発な世代であるが故に、普段からブログ・SNSなどでプライベートを公にすることや知ることが習慣化されており、他人に対して過去の話をするのはもちろん、話をされることに対しても、ある程度のベース、ここで言うならば免疫といったものが付いていることが一番の理由だと思われます。

昔の恋人は「過去ログ」程度

   一方、アラサーギャルの場合は、携帯でのコミュニケーションが日常的ではあるものの、現代ギャルと比べ、公にプライベートを綴るケースが少ないことで、それが例え過去の人物の話であっても別れにまで発展してしまうなど重く受け止められていると言えるでしょう。

   また、今彼に元彼の話をするかについてのGRPによるアンケート調査では、「しない」が59.6%と半数を超えたものの、「する」が40.4%、とアラサーギャルよりも約20ポイントも高く、交際中の彼氏に対しても元彼事情を包み隠さない恋愛データも明らかとなりました。

   つまり、現代ギャルにとって元カノの存在を知ることや、元彼の話をするといった「過去の恋バナ」に対しては特に抵抗する気持ちはなく、むしろ今をより善く生きるためのその人の「過去ログ」程度に過ぎないのかもしれません。

   私ぐらいのアラサーギャルになると、何かと彼氏の昔を詮索したくなったり…と過去に縛られがちですが、現代ギャルのように『気にしな~い!OK~!』と、堂々とした自信に満ち溢れた気持ちが必要となってくるのかもしれないですね……。

   現代ギャルとアラサーギャル。

   年代によって恋愛データもここまで異なることが分かりました。現代ギャルのような余裕に満ちた心構えを持てるかどうかが、アラサーギャルの恋愛の成否を分けるのかもしれません。

GRP編集長・まぁ~さ

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中