「おっぱい」が座禅を組む? 京都の禅寺で乳房テーマの「アート展」

印刷

   乳房をアートとして表現した公募作品を展示するアート展「OPPAI ART LAB.πr事情展 2013」が、2013年7月17日から開催される。会場は、京都を代表する禅寺「建仁寺」の塔頭「禅居庵」。

「乳房」を発句とした連歌会も

7月21日まで
7月21日まで

   乳房文化研究会主催・ワコール協賛により行われるこのイベントでは、「表現としての乳房」をコンセプトとし、「乳房」を題材とした100点を超える平面・立体作品を座布団の上に展示する。今回が2回目で、12年ぶりの開催となる。

   また、作家の実演パフォーマンスが見られる特別イベントのほか、「乳房」を発句に優雅な連鎖的発想の世界が楽しめる「連歌会」の同時開催など、お寺とアート、古風と現代を融合させたユニークな展示会になりそうだ。

   会期は7月21日まで。開催時間は10時~19時(最終入場18時30分)だが、最終日となる21日は15時30分終了(最終入場15時)。入場は無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中