2021年 6月 20日 (日)

【書評ウォッチ】原発、憲法、アベノミクスって? 選挙前に争点を知る

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

政治家の本心を見きわめる

   そういえば、昨年衆院選の自民党公約は「3年以内に結論を目指します」だった。あの時点で再稼働となぜ言わなかったのか、票を得るために本心を隠したのか。政治家がはっきりモノを言わない以上、有権者は本その他でしっかり見きわめるしかない。そういう意味でもタイムリーな書評ではある。

   景気刺激と金融緩和のアベノミクスに関連しては、『世界の99%を貧困にする経済』(ジョセフ・E・スティグリッツ著、徳間書店)をあげ、評者は弱者への再配分を説く。アベノミクスで潤うのは誰だろうか。憲法問題では『いま、「憲法改正」をどう考えるか』(樋口陽一著、岩波書店)を薦める。

   どれも政権与党に批判というより危機感さえにじむ。その立場を差し引いても、政権交代からの浮かれムードに流されないために、この際、役に立ちそうな参考文献だ。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!