甘い、しょっぱい、こってりの三拍子 すべてそろった「ポテチチョコ」

印刷

   東京・有楽町にある北海道物産店「北海道どさんこプラザ」を休日に訪れてみると、相変わらずのにぎわいだった。そんなお店のなかでも特に人気を誇っているのが、北海道のチョコ製造会社、ロイズの商品らしい。ロイズの北海道外の常設販売店は全国に数えるほどしかないが、どさんこプラザはそのひとつ。

北海道アンテナショップで売り上げトップ

ポテチの片面をチョコでコーティング
ポテチの片面をチョコでコーティング

   一時は「生キャラメル」が席巻していた冷蔵スイーツ売り場も、今はロイズがメーンで、10種類以上の商品が置いてある。そしてお店全体の売り上げで一番なのが、ロイズの「ポテトチップチョコレート」(190グラム、693円)だそうだ。さくさくの波切りポテトチップスの片面がチョコレートでコーティングされたお菓子である。

   これを食べていると、ふと昔の知り合いのことを思い出してしまった。甘い物が好きなのは珍しくないが、甘い物を食べたあとで、ポテトチップスが食べたくなったと言って食べ、そのあとでアイスをといった具合に、甘い物としょっぱい物を行き来するのである。当時、かなりの大食漢だった筆者から見ても「それはやばいでしょ!」という感じなのだが、その人は「甘い物を食べたら、しょっぱい物を食べたくなる。その逆もまた真なり。なぜそんなことがわからんか」と言うのである。

   今にして思えば、甘い、しょっぱい、こってりは、うまい三大要素。そのなかのどれかが突出していれば、バランスを取りたくなることもあるのだろう。その点、最初から三要素がそろったポテトチップチョコレートならば、ほかの何かと交互に食べる必要はないのかもしれない。

海塩を付けて食べたら「大変な事態」に

   フレーバーは、オリジナル味のほかに、マイルドビター、フロマージュブランなどのバリエーションもある。筆者がチーズ好きという好みの問題もあって、チーズがほのかに薫るフロマージュブラン味が好みだ。もとよりポテトと乳製品の相性は抜群によいわけで、こちらは通常のチョコ味よりリッチにチョコとポテトが調和していると感じられた。

   ポテトの塩味は、ポテトチップスにしては控えめで上品。そこで味の柔らかめな海塩を少々付けていただいたら、ポテトを口に運ぶ手が止まらなくなるという、じつにやばい事態に陥ってしまった。


商品名:ポテトチップチョコレート
販売:ロイズ
サイズ:190グラム
価格:693円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中