2018年 7月 20日 (金)

ドライバーユニットを新設計 JVCヘッドホン「XX」新モデル

印刷

   JVCケンウッドは2013年7月上旬、JVCブランドから「アメリカ逆輸入モデル」のヘッドホン「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズの5モデルを発売する。

「パワフルでキレのある重低音再生」

「HA-XM30X」
「HA-XM30X」

   「XX」シリーズは、「重低音&タフ」をコンセプトとした米国展開のヘッドホンシリーズで、日本では逆輸入モデルとして2011年7月から販売されている。

   今回は新モデルとして、ネオジウムドライバーユニットを新設計。ハウジングの背圧を調整するポートを設けた「エクストリームディープ」バスポートを取り入れ、独自の音響構造により、「パワフルでキレのある重低音再生」を実現した。また、エラストマー素材の「『タフ』ラバープロテクター」を使い、外部衝撃からハウジングをガードするほか、ソフトイヤーパッドを備え、耳への負担を少なくした。

   ラインアップは、スタンダードモデル「HA‐XM20X」「HA‐XS10X」に、スマホの操作に対応した「HA‐XMR20X」「HA‐XSR10X」、シリーズ最上位となるDJスタイルモデル「HA‐XM30X」を加えた計5モデル。価格はそれぞれオープンだが、想定実売価格は4000円~1万円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中