2020年 8月 14日 (金)

あなたの知らない本当のアベノミクス 参院選投票前に知っておくべきこと

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   参院選の最大の争点であるアベノミクス。円安・株高の成果も見られるが、輸入食料品の値上げなど生活へマイナスの影響も出てきた。このまま進めるべきか。待ったをかけるべきか。専門家の間でも評価が分かれる。投票前にいま一度おさらいを――。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

国債暴落やハイパーインフレはくるのか

『アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる』
『アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる』

『アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる』

   なんとも景気のいいタイトルである。講談社の『アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる』(著・高橋洋一、1260円)は、財務省出身で第1次安倍政権の経済ブレーンを務め、金融政策をアドバイスしてきた著者がアベノミクスと日本経済再生のメカニズムをわかりやすく解説する。

   大胆な金融政策、機動的な財政出動、民間投資を喚起する成長戦略の3本の矢でデフレ脱却をめざすのがアベノミクスだ。だが、批判もある。「金融を緩和すれば国債が暴落する」「金利が急騰、金融システムが崩壊する」「物価が上がるだけで給料は上がらない」「ハイパーインフレを招く」等々。これらの批判や疑問に一つひとつ反論、同時にアベノミクスに潜む「日銀リスク」「政治リスク」「財政リスク」についても言及する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!