2021年 5月 13日 (木)

【書評ウォッチ】風刺漫画に激論、モダニズム 選挙ポスターも昔はすごかった

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

抵抗勢力や既得権益を乗り越えて

   あと一点つけ加えれば、この本の値段。6600円は高すぎる。研究書だからしかたないというのでは、普通の市民は買わなくていいとでも? 大学名をかぶる出版元も著者も、もう少し努力を。

   ほかには『自治体のエネルギー戦略』(大野輝之著、岩波新書)が日経に。環境政策では、国よりも進んだ自治体がある。東京都もその一つで、CO2温暖化ガスの総量規制と排出権取引で及び腰の国や、中央官僚とそのOBの反対をどう乗り越えたかを解説した一冊だ。

   このところ盛り上がらない温暖化論議だが、自治体の可能性を都庁の担当者が語った。問題は「エネルギー消費型都市から転換」を、保守的な抵抗勢力や根強い既得権益をおしのけてどこまで進められるかだろう。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!