【書評ウォッチ】無声映画の弁士や農民運動のリーダー ブラジルの「名もなき偉大な日本人」

印刷

   個性あふれる人たちをブラジルでとことん寄り添いながら撮り続けた映像作家のノンフィクション『忘れられない日本人移民』(岡村淳著、港の人)が読売新聞に。開拓の苦労話ではない。登場する6人はひっそりと、しかし確固としてそれぞれの人生を歩んできた。「名もなき人々の大きな姿」と評者の作家・角田光代さんが言うのもうなずける、魅力的な生き方ばかりなのだ。【2013年7月7日(日)の各紙からII】

著者自身もおもしろそう

   著者はテレビ制作会社に5年間勤めてからブラジルに移住した映像記録作家。以来、ブラジルの日本人移民、社会・環境問題などに独自の視点でドキュメンタリー作品を撮り続ける。一つの作品を完成させるために登場する人物と何年も根気よくつき合いつづける手法だ。どこにも属さず、ひとりで撮影、編集をすべて行うという。

   その著者が今回、ビデオではなく本で紹介するのは、土地なし農民運動のリーダー、無声映画の弁士、70歳をすぎてからブラジルの土で陶芸を始めた女性など。広島で被爆し、認定さえ受けられずにいた在外被爆者の援護に奔走した男性もいる。

   それぞれの立場で弱者のために闘うことをためらわない人たちに出会いながら、取材途中でこみ上げた怒りを著者は隠さない。日本ではほとんど知られることのない人たちの生きざまをとらえた記録は感動的だ。

   個性的といえば、著者自身がユニークな魅力の持ち主らしい。早稲田では考古学を専攻したが、テレビ番組ディレクターとして「すばらしい世界旅行」「知られざる世界」などでおもに中南米を担当し、とうとう自分も住むことに。「ひとりでもご覧になりたい方がいれば」という持論で、ブラジルや日本、米国などで上映会を開いてきたそうだ。こういう人もいるのかと思わせる要素がつまった本自体もユニークだ。

AKB48や「ワンピース」仕掛け人の天職論

   仕事について当代のヒットメーカー2人が語り合った『天職』(秋元康、鈴木おさむ著、朝日選書)を朝日新聞が著者紹介コーナーで。AKB48を生み出した秋元氏が仕事にあたって「ワクワク感」の大事さを語り、鈴木氏も心から好きだと思って発信したことが映画「ワンピース」の脚本につながった話を披露する。

   毎日新聞には『ウェブ文明論』(池田純一著、新潮選書)が。ウェブの面から米国社会を分析。都市、経済、政治それぞれの局面から変化を読もうとする。「興味深い論考になるはずである」と、評者の養老孟司さんが薦めている。

(ジャーナリスト 高橋俊一)

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中