これが本物の全身マンモスなのだ 「永久凍土から発掘」横浜で世界初公開

印刷

   シベリアの永久凍土から発掘されたメスのマンモス「YUKA(ユカ)」を「世界初公開」する特別展が、2013年7月13日から横浜市西区のパシフィコ横浜「展示ホールA」で始まる。

「ほぼ完全な状態」で発見

「特別展マンモスYUKA」の公式サイト
「特別展マンモスYUKA」の公式サイト

   「特別展マンモスYUKA~シベリアの永久凍土から現れた少女マンモス~」と題し、2010年にシベリアで、ほぼ完全な状態で見つかったYUKAを一般公開する。約3万9000年前に生きていたと見られている。体長約3メートル。

   従来のマンモス発掘は、部分的だったり生後間もない小さな個体だったりした。YUKAは鼻など全身がほぼ完全な状態で発掘され、体毛にも覆われている。

   展示では、骨格標本や映像を使い、マンモスはなぜ絶滅に至ったのかや、ヒトの生活との関連なども探る。

   9月16日まで。読売新聞社などの主催。入場料は一般2200円、小・中学生1200円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中