2018年 5月 21日 (月)

ソフトクリーム食べて富士山を守ろう 静岡のミニストップ、環境保全活動へ寄付

印刷

   富士山が世界文化遺産に登録され、静岡県内各地では観光客の増加を期待し、土産やオリジナルグッズの新発売がにぎわいを見せている。

   そんな中、ミニストップは静岡県内のミニストップ店舗で販売されるソフトクリームの売り上げの1%を富士山の環境保全活動に寄付するキャンペーンを2013年7月1日から実施している。

静岡県内の全156店舗で実施

対象期間は9月30日まで
対象期間は9月30日まで

   対象となるのはミニストップのオリジナルソフトクリーム商品の「バニラ」、「夕張メロンソフト」、「ミックス」(すべて198円)だ。「ミニストップを代表する商品」(同社広報担当)として選ばれた。

   売り上げの1%は静岡県が運営する「静岡県地球環境保全等に関する基金」に寄付され、富士山の環境保全活動に使われる。

   対象店舗は、静岡県内にある全156店舗(6月末現在)。9月30日まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中