2018年 5月 26日 (土)

「ロースタイル」デザイン採用 JVC、ブルートゥース対応「ミニコンポ」

印刷

   JVCケンウッドは2013年7月下旬、JVCブランドからマイクロコンポーネントシステム「UX-L5」を発売する。価格はオープンだが、2万8000円前後とみられる。

天面には「ブルーイルミネーション」

3色を用意
3色を用意

   デジタルアンプ採用のセンターユニットとウッドキャビネットのスピーカーには、シンプルでコンパクトなロースタイルデザインを取り入れ、センターユニットの高さは75ミリ、スピーカーの高さは120ミリと、設置時の圧迫感を低減した。2層コーティング光沢塗装仕上げを施し、天面にはブルーイルミネーションを備える。

   音質面では、バッフル面を小型化したほか、音を滑らかに伝える形状とし、自然な音の広がりと音像の定位を実現した。磁気回路には銅キャップを使い、「歪みの少ないクリアなサウンド」が楽しめる。

   ブルートゥースに対応し、スマホやタブレット端末からワイヤレスで音楽再生が行える。アンドロイド端末が本機のリモコンになる専用アプリをインストールすれば、電源のオン/オフや音量調節、ラジオ選局などが手元の端末で操作できる。

   本体カラーは、ホワイト、ブラック、レッドの3種類。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中