「俺のフレンチ」が「ミシュラン級の料理長」を呼んでいる! JR新宿・渋谷駅に巨大募集広告が出現

印刷

   「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」を展開する俺の株式会社(東京・中央区)が、JR新宿・渋谷駅で、スタッフ募集の巨大な交通広告を展開している。駅構内に設置された看板に書かれた「料理人のみなさん、一生に一度の大チャンスです」の大きな文字が目を引く。

10月には表参道に大型店舗をオープン予定

JR新宿駅に展開する「俺の株式会社」広告
JR新宿駅に展開する「俺の株式会社」広告

   サイズは縦212×横728センチと、飲食店の求人広告としては異例の大きさで、「日本一大きな求人広告」だそうだ。広告に掲載されているのは、同社の取締役総料理長である能勢和秀氏。高級フランス料理を提供する「シェ松尾 松濤レストラン」(東京・渋谷区)などで料理長を務めた経験があり、「俺のフレンチ」の立ち上げに参加した。

   「俺の株式会社」は、中古書籍の販売チェーン「ブックオフ」を創業したことでも知られる坂本孝氏が立ち上げた会社だ。ミシュラン星付きレストラン元シェフなどを雇った「立ち飲み」スタイルの飲食店を展開している。回転率の高めることでフランス料理でも、割安な価格での提供が可能になった。2013年10月には東京・表参道に、フレンチとイタリアンが合体した大型店舗をオープン予定だ。

   能勢氏は、同社サイトの中で、「俺のフレンチ」などで働くメリットについて、「『飲食業とはどういうものか』を全部学べる」と指摘。一般的な店では、料理人は技術だけ、ソムリエはワインの知識だけなど、「全部バラバラで、大きな視野が育たない」として、「こんなにすべてを肌で実感できる専門店って他にはないでしょうね」と力説している。

   「ミシュラン級」の料理長、料理スタッフ、ソムリエから、ホールスタッフ、アルバイトまで総勢200人のスタッフを募集中。JR新宿・渋谷駅の広告の掲載期間は、7月28日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中