「録る」「見る」「残す」がこれ1台 シャープAQUOS「DRシリーズ」

印刷

   シャープは2013年7月26日、番組録画からディスクの再生、録画番組のダビングまで1台で楽しめる液晶テレビ「AQUOS DRシリーズ」4機種を発売する。価格はオープンだが、想定実売価格は40V型の「LC-40DR9」が16万円前後、32V型の「LC-32DR9」が13万円前後とみられる。

「ちょっと待って」ボタンも

「LC-40DR9」(ホワイト系)
「LC-40DR9」(ホワイト系)

   HDD(ハードディスクドライブ)に番組を「録る」、録画した番組やBD/DVDソフトを「見る」、録画した番組をBDに「残す」という3つの基本機能を1台にまとめたオールインワンスタイルの液晶テレビだ。40V型は水平1920×垂直1080画素のフルハイビジョン、32V型は水平1366×垂直768画素のハイビジョンに対応した。

   デジタル放送の録画が可能な500ギガバイトのHDDを内蔵し、最長約524時間の録画が行える。前面トレイ方式を取り入れたBDドライブは、ディスクを挿入すると自動で再生が始まる「一発再生」機能を持つ。

   リモコンには、録画した番組の再生中に、約5分または約2分30秒間隔で番組のシーンを子画面で一覧表示できる「見どころ」ボタンや、録画した番組を簡単にディスクへダビングできる「ダビング」ボタン、視聴中の番組を一時停止して続きから視聴できる「ちょっと待って」ボタンを備える。

   本体カラーは、ブラックとホワイトの2種類。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中