2018年 7月 23日 (月)

怪奇動画見た後、廃墟の病院へ…富士急ハイランドのお化け屋敷リニューアル

印刷
リニューアル開業する「最恐戦慄迷宮-暗黒病棟-」
リニューアル開業する「最恐戦慄迷宮-暗黒病棟-」

   富士急行は2013年7月27日、富士急ハイランドのウォークスルー型お化け屋敷「最恐戦慄迷宮」をリニューアルし、「最恐戦慄迷宮 -暗黒病棟-」としてオープンする。

   今回、リニューアルのメインとなったのは「暗黒病棟」の登場だ。終盤にある暗闇の病棟では手探りで奥へと進まなければならない。

   「廃墟」となった病院の室内や壁面の質感に加え、薬品の臭い、明滅するライトなどのリアリティを追求した。

   スタートは前後のグループと断絶される「診察室」で、怪奇動画を見る。

   料金は500円(フリーパス利用不可)。小学生は中学生以上の大人の同伴が必要。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中