2018年 7月 16日 (月)

京都生まれの「衣笠丼」 なか卯オリジナル「ふっくらおあげ」で登場

印刷

   なか卯は2013年7月24日、オリジナルの「ふっくらおあげ」をたっぷり使った「衣笠丼」を、全店で発売した。

「京風さんしょう」で味にアクセント

なか卯の「衣笠丼」
なか卯の「衣笠丼」

   衣笠丼とは、卵の白身にとじられたネギの青みと油あげの黄金色が、雪景色の衣笠山に似ていることからこの名前がついたと言われる京都生まれの丼ぶり。

   今回登場した「衣笠丼」は、食感を楽しめるよう大きめにカットした青ネギと、「ふっくらおあげ」をこだわりの卵でとじたもの。だしと調味料を合わせたタレはほんのりと甘く、やさしい味わいに仕上げた。

   また、特製の京風さんしょうをかけることにより、そのさわやかな香りとぴりっとした辛さで味にアクセントがつく。肉が入っていないので、肉類が苦手な人も楽しむことができる。

   持ち帰りも可。価格は、並390円、大盛り450円など。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中