京都の地下鉄が「まふ」っとアニメキャラ化 マンガ・アニメフェアを記念

印刷

   京都市交通局は2013年7月25日から、アニメキャラクターを使って車内外をデコレーションしたアニメ列車「京まふ号」を、京都市営地下鉄東西線で運行している。

約2か月間運行

「京まふ2013」ホームページ
「京まふ2013」ホームページ

   9月7日・8日の2日間、京都市勧業館(みやこめっせ)で行われるマンガ・アニメの総合見本市「京都国際マンガ・アニメフェア2013(京まふ2013)」の開催にあたって登場する「京まふ号」。

   「京まふ2013」に出展する作品「宇宙兄弟」「とある科学の超電磁砲(レールガン)S」「劇場版 薄桜鬼(はくおうき)」「機巧少女(マシンドール)は傷つかない」のアニメキャラクターで地下鉄車内外をデコレーションし、同イベントの開催を大きくPRする。車窓やつり革、車内の壁にキャラクターなどを印刷したシートを張り付けるほか、車外には等身大キャラクターを印刷したシートを付ける。

   1編成(6車両)のうち2両で実施され、約2か月間運行される予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中