2018年 5月 21日 (月)

3000個の竹灯籠が夜を彩る 佐賀・御船山楽園で「納涼~竹あかり~」

印刷

   御船山観光ホテルが運営する御船山楽園(佐賀県武雄市、国登録記念物)は、2013年7月13日から8月18日までの19時半から22時、「納涼~竹あかり~」を開催している。

浴衣と甚平着用で入園無料

3000個の竹灯籠が真夏の宵を演出。
3000個の竹灯籠が真夏の宵を演出。

   庭園では、池の周囲の散策路を中心に3000個の竹灯籠、ハスの花のモチーフや光のカーテンなどのオブジェを設置。池の水面には、水灯籠を浮かべている。

   また、江戸後期造園時、武雄鍋島家の別邸として池のほとりに建てられたかやぶき屋根の荻野尾御茶屋をイベント期間中は特別に公開。縁側から「冷茶とトコロテン」セットを味わいながら、水面に浮かぶ水灯籠を見ることができる。

   また、御宿竹林亭と御船山観光ホテルの宿泊者には限定で未明の1時まで「お茶屋バー」が利用できる。

   入園料は大人300円、小学生は100円。

   浴衣や甚平を着ると入園無料。御宿竹林亭と御船山観光ホテルの宿泊者も入園無料となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中