2018年 5月 26日 (土)

Twitterの声から生まれたおむすび ファミマから「天津飯」など3種

印刷

   ファミリーマートは、Twitterでアイデアを募る「第4回みんなで作るおむすび選手権」を実施し、3種類を製品化した。2013年8月6日、発売した。

応募総数は6000件超

見事1位に選ばれた「天津飯おむすび」
見事1位に選ばれた「天津飯おむすび」

   2010年から始まった「みんなで作るおむすび選手権」は今回で4回目。6000を超える応募の中から10種が選び出され、1万6000件以上の投票により「天津飯おむすび」「昆布とクリームチーズおむすび」「明太ポテトサラダマヨおむすび」の3種が製品化されることになった。

   投票の結果、1位は「天津飯おむすび」。だしで炊いたご飯に細かく刻んだ椎茸と竹の子が入った醤油ベースの中華あんをのせ、カニかま入りの玉子焼きをトッピングしたもの。価格は138円。

   2位は「昆布とクリームチーズおむすび」。124円。

   3位の「明太ポテトサラダマヨおむすび」は120円。

   天津飯おむすびのみ北海道での取り扱いはないが、他の2つは全国のファミリーマートで販売される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中