今夜の「オールナイトニッポンGOLD」で新次元の笑いが誕生!? 千原ジュニアが一般リスナーと「ぶっつけ本番」コンビ

印刷

   お笑いタレントの千原ジュニアさんが、2013年8月16日夜放送のラジオ番組「オールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送系列)で、一般リスナーと即席コンビを組み、DJを務めることになった。

   住友ゴム工業のタイヤブランド「ダンロップ」と、45周年を迎えた「オールナイトニッポンGOLD」がタッグを組んだキャンペーン「もらえるダンロップ第4弾『ドライブ大喜利』」で実現した特別企画だ。

5000通から選ばれた「もっとも面白い大喜利」応募者

鈴木幹也さん(左)と千原ジュニアさん(右)
鈴木幹也さん(左)と千原ジュニアさん(右)

   キャンペーンは、もっとも面白い大喜利を応募した1人に、千原ジュニアと一緒にDJを務めることができる「DJ権」が当たるという内容だった。今回の企画を担当した住友ゴム工業ダンロップ営業本部の橋口高志・消費財部部長は「自分が若いころによく聞いていたラジオ番組と、こうした面白い取り組みができるのは非常にうれしいです」と話す。

   5000通の応募から大賞に選ばれたのは、神奈川県在住の会社員・鈴木幹也さんだ。「R-1ぐらんぷり」を生で見に行くほどのお笑い好きで、NHKのテレビ番組「着信御礼!ケータイ大喜利」では、投稿した大喜利が何度も読まれ、番組内でレジェンド・オオギリーガーという称号を得たという。

   ラジオ収録前は「いやいやいや、もうジュニアさんにおんぶにだっこでお願いします」と緊張した面持ちだったそうだが、自らの持ち込み企画(?)も準備するなどやる気は満々。一方の千原ジュニアさんは、女性とのコンビ結成を期待していたため残念そうにしながらも、即席コンビを素人(白)と玄人(黒)の二人だからと「オセロ」と命名し、「ほら、いまそこは空席だから問題ないっしょ!」と番組を盛り上げる。「会うのも初めて、打合せも一切なしのぶっつけ本番」で、DJを無事に務められるのか――。

   放送は、8月16日22時から。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中