2018年 7月 18日 (水)

マイナーチェンジでより低燃費・低価格に TOYOTA 「ピクシス エポック」

印刷

   TOYOTAは2013年8月19日、軽乗用車「ピクシス エポック」をマイナーチェンジし発売した。メーカー希望小売価格は74万5000円から128万円。

乗り心地も向上

G
G"SA"(コットンアイボリー)

   今回のマイナーチェンジで、エンジンに「クールドi-EGR」や「CVTサーモコントローラー」などを採用した他、フロアアンダーカバー(2WD車)やタイヤディフレクターなどを採用することで、燃費・動力伝達効率や空力性能を向上。その結果、2WD車で33.4キロ/L、4WD車で30.4キロ/Lという燃費を実現した。

   また安全装備の面では、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を搭載したSA仕様車の設定や、後続車との追突危険性を低減させるエマージェンシーストップシグナルを全車に標準装備とした。

   サスペンション特性やフロントシート形状の変更により、乗り心地を向上させるとともに、内外装の意匠変更や装備も充実。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中