ルノーのカングー、「顔」を一新 新形状アーモンド形ヘッドランプ導入

印刷

   ルノージャポンは2013年8月29日、同社の看板ラインナップである「カングー」のデザインを一新して発売する。

ボディカラーも3色追加

前よりも表情が立体的になった?
前よりも表情が立体的になった?

   カングーの特徴である広い室内空間、高い機能性はそのままに、車の「顔」であるフロントデザインだけを変更。

   これまでよりも大きく角度を立てて取り付けられた「ルノーロゴ」と、そこからヘッドライトまでつながるブラックグリルバンパー、そして内側のブラックがアクセントとなっている新形状のアーモンド形ヘッドランプにより、今までよりも「生き生きとした表情を実現した」としている。

   ボディカラーは「ジョンアグリュム」など3色の新色を追加し9色用意。

   グレードは標準の「ZEN(ゼン)」と、「ACTIF(アクティフ)」の2グレード。

   ZENは234万8000円から、ACTIFは214万8000円から。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中