大阪の夜空が「天の川」になる 「夜景評論家プロデュース」の展望台イベント

印刷

   アクティオが運営する大阪府咲洲庁舎展望台(大阪市)では、2013年8月23日~10月13日まで、夜景評論家の丸々もとおさんがプロデュースする「星降る☆大阪夜景 ~星空の学習型展望台~」を開催している。

星や星座の知識学べる

10月13日まで
10月13日まで

   地上252メートルにある55階展望台フロアを、基礎的な知識をパネルで解説する「星の誕生エリア」や、「惑星エリア」「天の川エリア」「星座の神話エリア」の4つのエリアに分類。巡るうちに、星や星座の知識が学べる展示型イベントとなっている。

   「天の川エリア」では小型レーザー機器を設置して、天井に向かって照射し、夜空に天の川が映り込む仕掛けを演出するほか、「星座の神話エリア」ではムービングライトを照射し、夜空に星座が映り込む仕掛けを演出する。

   開催時間は、日没後~22時(最終入場21時30分)まで。料金として、展望台入場料(大人500円・小中学生200円)が必要。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中