プレーヤーが弱小野球部の監督に 「日本一」めざすスマホ向け育成ゲーム

印刷

   ディー・エヌ・エーは2013年8月30日、同社が運営するサイト「Mobage(モバゲー)」で、高校野球をテーマにした育成シミュレーションゲーム「栄冠へのキセキ」の配信を始めた。アイテム課金制。

有名OB選手も登場

(C)DeNA Co.,Ltd. All rights reserved.
(C)DeNA Co.,Ltd. All rights reserved.

   プレーヤーが、とある高校の弱小野球部の監督となり、選手の発掘や練習を行なってチームを育成し、日本一の名門校になることを目指すスマホ向けウェブブラウザゲーム。

   ゲームにおける「1年間」は実際には6日間で展開され、主な内容は選手育成のための「練習」に取り組むこと、全国の強豪校との対戦が楽しめる春・夏2度の「全国大会」に挑戦することで構成されている。

   また、自チームの強化のために選手らを「スカウト」できる。「スカウト」できる選手の中には、松井秀喜さんや中畑清さんなど実在する有名OB選手が続々登場する予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中