2020年 8月 10日 (月)

本を読んで「お金持ち」になる 盲点だった法則と頭の使い方

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   「お前の夢は金で買えるのか」。後輩社員の妻夫木聡にク―ルに言い放つ部長の柳葉敏郎が、実はこっそり宝くじを買っていたというコマーシャルが人気を呼んでいる。柳葉部長に限らず、本音では、人間誰しもお金は欲しいもの。どうすれば、手に入れることができるのか。書店には様々なハウツーものが出回っているが、最近話題の3冊を紹介したい。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中。

収入-支出=たまるお金

『大富豪のお金の教え』
『大富豪のお金の教え』
『大富豪のお金の教え』

   大富豪など夢また夢の世界だが、小金持ちでも大金持ちでも、金持ちになる道はただひとつ。難しいことではない。阪急コミュニケーションズの『大富豪のお金の教え』(著・パン・ヒョンチョル、訳・吉野ひろみ、1680円)は、鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの言葉を引いて、いわく「収入が常に支出より多いこと」。つまり、「収入-支出=資産」の法則に従い、いつも収入が支出を上回っていれば、誰でも金持ちになれるというわけだ。

   では、いかにして収入を増やし、無駄な浪費をせず、資産を管理していくか。世界を代表する大富豪10人の金銭哲学や行動原理を学ぼうというのが本書である。登場するのは、ビル・ゲイツ、ロックフェラー2世、シュワルツェネッガー、ジャック・ウェルチ、サムスン会長イ・ゴンヒら名立たる富豪たちだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!